GT500、一丸となってタイトル奪還を目指す日産勢…旗艦NISMO号を中心に

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

「MOTUL AUTECH GT-R」の2014年カラー(フロントビュー)。
  • 「MOTUL AUTECH GT-R」の2014年カラー(フロントビュー)。
  • 「MOTUL AUTECH GT-R」の2014年カラー(リヤビュー)。
  • 「MOTUL AUTECH GT-R」の2014年カラー(サイドビュー)。
  • 日産系チーム総監督の柿元邦彦氏。
  • NISMOのGT500チーム。中央はマシン開発も手掛ける鈴木豊監督、ドライバーは松田次生(左)とR.クインタレッリ(右)。
  • アンヴェール前の「MOTUL AUTECH GT-R」。
  • NISMO宮谷社長らによってアンヴェールされた、2014年の「MOTUL AUTECH GT-R」。
  • 全体撮影を前に、IMPULの星野一義監督が“前進パフォーマンス”。
23日に開催された日産/NISMOの今季モータースポーツ活動計画発表会では、SUPER GT/GT500クラスを戦う「MOTUL AUTECH GT-R」の今季カラーリングも公開されるなどしており、日産GT500陣営は王座奪還に向けて決意を新たにしていた。

今季からの新技術規定に基づいて開発された「NISSAN GT-R NISMO GT500」のフルカラーリング車が、ついに公の場に姿を現した。パッと見にもグレーの部分が多くなった印象の“日産艦隊旗艦”NISMOチーム車の新カラーリング。NISMOの宮谷正一社長によれば、赤メインの従来のNISMOカラーを纏わせるベースをグレーとしたことは、NISMOブランド市販車とのイメージ共有を意識してのものであり、印象は「(GT500マシンが)より精悍になったと思います」。

カーナンバー23をつけて戦う日産のエースカー「MOTUL AUTECH GT-R」は今季、チーム残留のロニー・クインタレッリと、IMPULから移籍(復帰)した松田次生のコンビでチャンピオンの座を目指す。GT500ドライバーズタイトル獲得が実現すれば、日産とクインタレッリ、ミシュランタイヤにとっては2年ぶり、松田にとっては初、そしてNISMOチームにとっては6年ぶりとなる。

今季も日産系チーム総監督を務める柿元邦彦氏は、発表会の挨拶で「(GT500クラス3連覇を逃した)昨年のことは、すっかり忘れました」と切り出した。そして「新しいレギュレーションのもと、クルマ、エンジン、タイヤの戦いとなるわけですが、最後は人間の戦いです。ここにいる凛々しい顔をしたサムライたちが一丸となって、今年は必ずチャンピオンを奪回してくれます。期待と応援をお願いいたします」と続け、集まったファンからは盛大な拍手が贈られていた。

SUPER GTシリーズは3月15~16日の岡山国際サーキットでの公式合同テストを経て、4月5~6日に同地にて開幕する(公式合同以外にも開幕前テストは各地で重ねられている。3月1~2日には鈴鹿ファン感謝デーで新GT500マシンのデモ走行が実施される予定)。
《遠藤俊幸》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集