【ジュネーブモーターショー14】VW シロッコ R、大幅改良…2.0ターボは280psにパワーアップ

自動車 ニューモデル 新型車
フォルクスワーゲン シロッコ R の大幅改良モデル
  • フォルクスワーゲン シロッコ R の大幅改良モデル
  • フォルクスワーゲン シロッコ R の大幅改良モデル
  • フォルクスワーゲン シロッコ R の大幅改良モデル
  • フォルクスワーゲン シロッコ R の大幅改良モデル
  • フォルクスワーゲン シロッコ R の大幅改良モデル
  • フォルクスワーゲン シロッコ R の大幅改良モデル
  • フォルクスワーゲン シロッコ R の大幅改良モデル
  • フォルクスワーゲン シロッコ R の大幅改良モデル
欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲンは2月15日、スイスで3月に開催されるジュネーブモーターショー14において、『シロッコR』の大幅改良モデルを初公開すると発表した。

シロッコRは2008年、『ゴルフ』のメカニズムをベースにしたクーペとして復活を果たしたシロッコの最強グレード。『ゴルフR』譲りのパワフルなエンジンを搭載する。

デビューからおよそ6年が経過して登場した大幅改良モデルでは、シロッコRも進化。直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボ「TSI」エンジンは、最大出力が280psへ引き上げられた。これは、従来比で15psの強化。

他のシロッコ同様、内外装もアップデート。外観は、新デザインのグリルやバンパー、バイキセノンヘッドライト&LEDデイタイムランニングライトなどを採用。リア回りでは、LEDテールランプやリアゲートが新しい。エアロパーツや18インチアルミホイール(19インチはオプション)、マットクローム仕上げのドアミラーなどは、シロッコR専用デザイン。

室内は、新デザインのダッシュボードやフラットボトムステアリングホイールを採用。さらに、シロッコR専用アイテムとして、「レース」と呼ばれるスポーツシート、ピアノブラックパネル、ステンレス製ペダルなどを装備している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集