シボレー ソニック、リバース走行で27m 超えの大ジャンプ…ギネス新記録

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

米国の自動車最大手、GMのシボレーブランドの主力サブコンパクトカー、『ソニック』。同車が米国で、ユニークなギネス新記録を打ち立てた。

これは2月13日、シボレーブランドが明らかにしたもの。「ソニックを使ったリバース走行によるジャンプで、27.2mを計測。ギネス新記録を達成した」と発表している。

このギネスチャレンジは、米国カリフォルニア州の特設コースで実施。ソニックのスポーツグレード、「RSターボ」を使用。ドライバーには、テレビスターで元プロスケートボーダーのロブ・デューデック氏を起用した。同氏といえば2011年、同じくソニックで、空中一回転ジャンプに成功したのが、記憶に新しい。

そしてソニックは2月13日、特設コースのジャンプ台を使って、リバース走行による27.2mの大ジャンプに成功。ギネスブックの「リバース走行の車で、いかに遠くに飛ぶか」部門の新記録を樹立した。

ロブ・デューデック氏は、「ソニックは素晴らしい車だね。だから、このギネス記録に挑戦することを決めた時、再びソニックを指名したんだ」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集