【シトロエン C3 改良新型】新パワートレイン搭載と価格引き下げで、新規ユーザー獲得に期待

自動車 ニューモデル 新型車

シトロエン・C3
  • シトロエン・C3
  • シトロエン・C3
  • シトロエン・C3
  • シトロエン・C3
  • シトロエン・C3
  • シトロエン・C3
  • シトロエン・C3
  • シトロエン・C3
プジョー・シトロエン・ジャポンは、シトロエンの5ドアコンパクトハッチバックの『C3』に新開発のパワートレインを搭載。2月17日より発売を開始した。

新開発のパワートレインは、ヨーロッパでは”Pure Tech”と呼ばれるもので、エンジンは、EB2という名前の1.2リットル3気筒エンジンに、ETG5という、基本はマニュアルトランスミッション構造の2ペダル、シングルクラッチのトランスミッションを搭載。そこにストップ&スタート(アイドリングストップ)機構が組み合わされたパワートレインを指す。

プジョー・シトロエン・ジャポン広報部シトロエンPRマネジャーの村田佳代さんによると、新型C3は、「この新開発のパワートレインを搭載することで車両重量を70kgダイエットに成功した」と述べ、燃費に関しても、「燃費は19km/リットルと大幅にアップした。これまでの1.6リットル4速ATモデルが12.1km/リットルだったので、57%の向上になる」という。

価格は、エントリーグレードのSeductionが203万円(旧モデルは210万円)。上級グレードのExclusiveは233万円(旧モデルは240万円)と値下げになった。

村田さんは、「C3購入ユーザーの半分が、初めてシトロエンに乗るという、ニューカマーを牽引する非常に重要なモデルだ。今回効率の良い新パワートレインに加えて、203万円という戦略的な価格によって、さらに新規ユーザーがシトロエンに来てもらえたら」と期待を語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集