1月の三菱米国販売、4.5%増… RVR が36%増で牽引

自動車 ビジネス 海外マーケット

三菱自動車の米国法人、三菱モータースノースアメリカは2月3日、1月の米国新車販売の結果を明らかにした。総販売台数は、1月としては2011年に次いで多い4867台。前年同月比は4.5%増と、4か月連続で前年実績を上回った。

4867台の内訳は、乗用車が前年同月比22.4%減の2088台と、引き続き減少。これは、セダン系の車種整理を進めたのが要因だ。一方、SUVなどのライトトラックは、前年同月比41.2%増の2779台と、好調が持続する。

SUVでは、2010年10月に米国市場で発売した『アウトランダースポーツ』(日本名:『RVR』)が引き続き人気。1月は三菱の米国販売全体の38%にあたる1838台を販売した。

この台数は、同車の1月実績としては、過去最高の数字。前年同月比は36.1%の大幅増となった。アウトランダースポーツは2012年7月から、米国イリノイ工場での現地生産に切り替え、需要増に対応している。

また、新型を2013年6月に投入した『アウトランダー』は1月、941台を登録。1月としては、2007年に次ぐ台数を記録した。前年同月比53.5%増と大幅に増加。新型『ミラージュ』は1170台を販売。『ランサーエボリューション』も1月は、前年同月比13.9%増と根強い人気を示す。

2013年の三菱自動車の米国新車販売台数は、前年比7.7%増の6万2227台。三菱モータースノースアメリカの横澤陽一社長兼CEOは、「2011年に次ぐ、1月の販売記録だ。営業チームと販売店の努力が、1月の寒波を克服し、2014年のいいスタートを切れた」と語っている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集