激戦必至のWTCC、ホンダは新エンジンでシーズンに挑む

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ホンダ モータースポーツ活動計画発表会
  • ホンダ モータースポーツ活動計画発表会
  • ホンダ モータースポーツ活動計画発表会
  • ホンダ モータースポーツ活動計画発表会
  • ホンダ モータースポーツ活動計画発表会
  • ホンダ モータースポーツ活動計画発表会
  • ホンダ モータースポーツ活動計画発表会
  • ホンダ モータースポーツ活動計画発表会
  • ホンダ モータースポーツ活動計画発表会
2月7日、ホンダの2014年におけるモータースポーツの活動発表会がホンダ青山ビルにて行われた。

発表会では、2014年シーズンのWTCC(FIA世界ツーリングカー選手権)への体制発表が行われ、昨シーズン同様ワークスチームからは「カストロール・ホンダ・ワールド・ツーリングカー・チーム」よりガブリエーレ・タルクィーニ選手とティアゴ・モンテイロ選手が参戦。軽量化された新開発の「HR-412E」エンジンを搭載した『シビックWTCC』でドライバーとマニュファクチャラーのダブルタイトル獲得を狙う。

また2014年シーズンは「ゼングー・モータースポーツ」からノルベルト・ミケリス選手が、「プロチーム・レーシング」からメディ・ベナーニ選手がプライベーターとして参戦。3チーム4台体制となった。

タルクィーニ選手は「2014年シーズンは新しいクルマ、新しいエンジンで戦えるのでとても楽しみだが、他のチームもかなり強力。ハードワークをしてタイトルを獲得したい」と今シーズンの抱負を述べた。

また、モンテイロ選手は「今シーズンは多くの新しいチャレンジが待っている。新しいクルマ、新しいエンジン、新しい競争相手、新しいチームが入ってくる。しかし、我々は素晴らしいチームで去年は素晴らしい仕事ができた。今年は更にいい成績を残すために頑張っていきたい」と述べた。
《橋本 隆志》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集