【デリーモーターショー14】フォード、フィーゴ コンセプト 初公開…激戦の小型セダン市場へ

自動車 ニューモデル 新型車

フォード フィーゴ コンセプト
  • フォード フィーゴ コンセプト
  • フォード フィーゴ コンセプト
  • フォード フィーゴ コンセプト
  • フォード フィーゴ コンセプト
  • フォード フィーゴ コンセプト
  • フォードインディアのナイジェル・ハリス社長
  • フォード フィーゴ コンセプト
  • フォード フィーゴ コンセプト
フォードモーターは2月3日、2月5日にインドで開幕する「第12回オートエキスポ2014」(デリーモーターショー14)に先駆けて、ニューデリーでフォード『フィーゴ コンセプト』を初公開した。

同車は、フォードのインド向け主力コンパクトカー、『フィーゴ』(FIGO)に新たに加わるモデルを示唆したコンセプトカー。市販車のフィーゴはハッチバックボディだが、フィーゴ コンセプトは4ドアセダンボディをまとう。

フィーゴ コンセプトの全長は4000mm以下。インドで競争激しいBセグメントに属する小型セダンとなる。フォードモーターは2013年12月、スペインにおいて、フォード『Kaコンセプト』を初公開。フィーゴ コンセプトは、このKaコンセプト同様、最新のフォード顔で登場した。

コンセプトカーのため、現時点ではパワートレインは明らかにされていない。フォードインディアのナイジェル・ハリス社長は、「フィーゴ コンセプトは、あらゆる面でインドの顧客の期待を超える。洗練、デザイン、品質、室内の広さ、先進のスマート技術や安全技術を備える」と胸を張る。

2010年3月、インドで発売されたフィーゴは、ベース価格が日本円で約70万円だった。フィーゴ コンセプトもインドでの市販の際には、戦略的な価格を掲げると推測される。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集