【日産 エクストレイル 新型発表】走破性だけでなく普段使い性能向上も

自動車 ニューモデル 新型車

日産・エクストレイル
  • 日産・エクストレイル
  • 日産・エクストレイル
  • 日産・エクストレイル
  • 日産・エクストレイル
  • 日産・エクストレイル
  • 日産・エクストレイル
  • 日産・エクストレイル
  • 日産・エクストレイル
フルモデルチェンジした日産『エクストレイル』は、これまでの走破性の高さはそのままに、静粛性や乗り心地の向上を狙って開発された。

日産実験技術開発本部車両実験部車両プロジェクト実験マネージメントグループ主坦の田川幸男さんは、「フルモデルチェンジにあたっては、エクストレイルのDNAである走破性は絶対に残さなければいけないものだった」と話す。

しかし、「世の中のユーザーの動向や、他車のトレンドを見ると、それだけではなく、洗練すべきところは洗練させ、新しいユーザーも取り込まなければいけない」という。

田川さんは、「洗練させなければいけないものは、普段使い性能の向上だ。その中でも特に、静粛性や乗り心地の向上は最も重要な部分だ」と述べ、「走破性などの操縦安定性能を頑張ってしまうと、普段使いの部分がおろそかになりがちなので、その両立が一番苦労したところだ」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集