【ジュネーブモーターショー14】VW ポロ、大幅改良…1.0リットル3気筒エンジン新搭載

自動車 ニューモデル 新型車

フォルクスワーゲン ポロ の大幅改良モデル
  • フォルクスワーゲン ポロ の大幅改良モデル
  • フォルクスワーゲン ポロ の大幅改良モデル
  • フォルクスワーゲン ポロ の大幅改良モデル
  • フォルクスワーゲン ポロ の大幅改良モデル
  • フォルクスワーゲン ポロ の大幅改良モデル
  • フォルクスワーゲン ポロ の大幅改良モデル
  • フォルクスワーゲン ポロ の大幅改良モデル
  • フォルクスワーゲン ポロ の大幅改良モデル
欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲンは1月28日、『ポロ』の大幅改良モデルの概要を明らかにした。実車は3月、スイスで開催されるジュネーブモーターショー14で初公開される。

外観には、大きな手は加えられていない。フロントはバンパーやグリルを小変更。上級モデルのヘッドライトには、新たにLEDを組み込む。リアは、テールランプとバンパーを新デザインとした。アルミホイールも一新。

室内は、センターコンソールの形状を見直し、エアコンなどの操作スイッチを変更。5インチまたは6.5インチのタッチスクリーンモニターを新設定し、最新の車載コネクティビティにも対応する。ステアリングホイールは、新型『ゴルフ』と同じ3本スポークに改めた。新型ゴルフ同様、自動ブレーキを標準装備するなど、安全装備も充実。

メカニズム面では、新開発の3気筒ガソリンエンジンを採用。1.0リットル直列3気筒ユニットは、最大出力が60psと75psの2種類を用意する。2014年秋には、直噴ターボの「TSI」版を追加する予定。最大出力は90psを引き出し、「ブルーモーション」仕様の場合、欧州複合モード燃費24.4km/リットル、CO2排出量94g/kmの優れた環境性能を実現する。

また、全エンジンがユーロ6の排出ガス基準に適合。フォルクスワーゲンによると、ディーゼルエンジン搭載車を含めると、従来比で燃費は最大21%向上しているという。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集