【トヨタ ハリアー 新型発表】異なる素材を活用して上質感を引き上げる

自動車 ニューモデル 新型車

トヨタ・ハリアー ハイブリッド Premium “Advanced Package”
  • トヨタ・ハリアー ハイブリッド Premium “Advanced Package”
  • トヨタ・ハリアー ハイブリッド Premium “Advanced Package”
  • トヨタ・ハリアー
  • トヨタ・ハリアー
  • トヨタ・ハリアー ハイブリッド Premium “Advanced Package”
  • トヨタ・ハリアー ハイブリッド「Advanced Premium Package」
  • トヨタ ハリアー
  • トヨタ・ハリアー ハイブリッド Premium “Advanced Package”
トヨタ『ハリアー』のインテリアでは、加飾が効果的に使われているという。

「ボルドーの革の質感、シルバーの加飾、艶感のある黒という3つのコンビネーションが、一番今回のハリアーの見せ場だと思っている」と話すのは、トヨタ自動車デザイン本部トヨタデザイン部グループ長の上新隆さん。

「加飾に関して、通常はパネルに入れることが多いが、ハリアーは革の部分の端末的なところに抑えとして、トリミングの最後の締めで使うという考え方で使っている」という。つまり、「色目の境目やセンターの縁取り、木目と革の境目というところの締めというイメージで使っているので効果的に見えていると思う」と述べる。

木目調の加飾についても、「これは本木ではなくフィルム。特にハイグレードのエボニーストライプの場合は、赤い木の部分はローズウッド、黒い部分は黒檀をスライスして張り合わせた象嵌の風合いを狙った。本物の場合は色を重ね塗っていくと沈んでボケてしまう。そこは逆にフィルムの良さを使って、本物よりも本物らしい、しっかりとしたパターンを見せられるように出来た」といい、効果的に加飾が使われていることを語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集