VW と アウディ、米国クリーンディーゼルの年間販売が初の10万台超え…2013年

エコカー 燃費

フォルクスワーゲン ジェッタTDI
  • フォルクスワーゲン ジェッタTDI
  • アウディのクリーンディーゼル、TDI搭載車
フォルクスワーゲンの米国法人、フォルクスワーゲングループオブアメリカは12月20日、2013年の米国新車販売において、フォルクスワーゲンとアウディの両ブランドのディーゼル車が、初めて年間販売10万台を突破したと発表した。

フォルクスワーゲンとアウディはここ数年、ターボディーゼルエンジン「TDI」搭載車の米国ラインナップ強化に、意欲的に取り組んできた。現在、米国仕様には、フォルクスワーゲンとアウディで合計12のTDI搭載車が用意されている。

とくにアウディは2013年、米国で『Q5』、『A6』、『A7スポーツバック』、『A8』にTDI搭載車を投入。これが、ディーゼル車販売台数の増加につながった。2014年夏には、新型『A3』にもTDI設定を計画。

なお、フォルクスワーゲンが最初に米国市場にディーゼルエンジン搭載車を導入したのは1977年。当時の『ラビット』が、最初のモデルだった。

フォルクスワーゲングループオブアメリカのマーク・マクナブCOOは、「TDIクリーンディーゼル車の年間10万台以上の販売は、大きなマイルストーン。クリーンディーゼルの良さを、満喫する顧客が増えていることに興奮している」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集