【VW ゴルフ ヴァリアント 新型発表】前モデル比100リットル増、1クラス上のラゲッジスペース

自動車 ニューモデル 新型車

フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアント新型発表
  • フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアント新型発表
  • フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアント新型発表
  • フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアント新型発表
  • フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアント新型発表
  • フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアント新型発表
  • フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアント新型発表
  • フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアント新型発表
  • フォルクスワーゲン ゴルフ ヴァリアント新型発表
フォルクスワーゲンジャパンは12月25日、新型『ゴルフ ヴァリアント』を発表した。

新型ゴルフ ヴァリアントは、今年輸入車としては初めて”日本カー・オブ・ザ・イヤー”を受賞した新型『ゴルフ』がベースとなっており、フォルクスワーゲンの最新設計モジュール”MQB”を採用している。

フォルクスワーゲン グループ ジャパン マーケティング本部プロダクト・マーケティング課の新道学氏は、新型ゴルフ ヴァリアントの特徴について、ステーションワゴンに求められる広いラゲッジスペースにあるという。

同氏は「通常時のラゲッジスペースは、前モデルから100リットル大きくなり605リットルとなりました。お子様でも指一本、1アクションで後席を倒せて、全て倒した際の容量は1クラス上のステーションワゴンを凌駕する1620リットルとなります。お客様のあらゆるライフスタイルシーンに対応できる広大なラゲッジスペースこそ、これからステーションワゴンを選ぼうかなと思われてるお客様に、最もおすすめしたい魅力の一つです」と語った。

安全装備が多数搭載されているのも新型ゴルフ ヴァリアントの特徴の1つである。同氏は、安全装備を惜しみなく投入したと自信を見せる。

新型ゴルフ ヴァリアントはABSやESP、9つのエアバッグの他に、30km/h以下で緊急ブレーキがかかる「プリクラッシュブレーキシステム”フロント アシスト プラス”」、追突などの事故の二次被害を軽減する「マルチコリジョンブレーキシステム」などを全グレードに標準装備。

先行車との車間を自動調整しながら走行できる「アダプティブクルーズコントロール”ACC”」、ドライバーが意図しない車線逸脱をした際に自動でハンドルを補正する「レーンキープアシストシステム」をハイラインに標準で、コンフォートラインにオプションで装備している。

新型ゴルフ ヴァリアントは、2014年1月6日から全国のフォルクスワーゲン正規ディーラーで一斉に販売される。
《橋本 隆志》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集