【VW ゴルフ GTI 試乗】ワルになりきれない素性のよさ…岩貞るみこ

試乗記 国産車

VW ゴルフ GTI
  • VW ゴルフ GTI
  • VW ゴルフ GTI
  • VW ゴルフ GTI
  • VW ゴルフ GTI
  • VW ゴルフ GTI
  • 新型 VW ゴルフ GTI
  • VW ゴルフ GTI
  • VW ゴルフ GTI
ボディ剛性はいいわ、燃費はいいわ、乗りやすいわのゴルフ。みんなに愛されるとなると、反発したくなる人がいても当然だろう。そんな人には『ゴルフ GTI』である。

高性能な走りというプラスαの付加価値。一般的なモデルとはちょっと違うのよの優越感。グリルに横一文字にほどこされた赤いラインがなんとも挑発的だ。

エンジンのトルクに厚みがあり、アイドリング状態からアクセルをちょこっと踏んだだけでぐぐぐっと前に速度がのっていく頼もしさ。ハンドリングもシャープ。17インチタイヤで路面の表情は感じるものの、サスペンションの硬質なしなりがそれを上手にいなす。たしかにしゃきっとしているしノーマルより硬い足なのだけれど、「硬すぎるわこれ」という助手席女性の不満の声は上がらないはずだ。

インテリアの質感やスポーティなあしらいも果敢な走りへの気分をそそる。そそる、んだけれど、なんだろう、この燃えたぎらない思いは。そうだ。広いのだ。車内が広すぎるのである。ノーマルゴルフではゆとりの広さが、GTIだと広すぎちゃって。優等生なうえにスポーツも万能で、しかも懐も広い。ワルになりきれない素性のよさがちらほら見える。なんだか、さらなる反発をかっちゃいそうな出来栄えのクルマである。


■5つ星評価
パッケージング:★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★


岩貞るみこ|モータージャーナリスト/エッセイスト
女性誌や一般誌を中心に活動。イタリア在住経験があり、グローバルなユーザー視点から行政に対し積極的に発言を行っている。主にコンパクトカーを中心に精力的に取材中するほか、最近はノンフィクション作家として子供たちに命の尊さを伝える活動を行っている。JAF理事。チャイルドシート指導員。国土交通省 安全基準検討会検討員他、委員を兼任。
《岩貞るみこ》

編集部おすすめのニュース

特集