実物大のLEGOカー、空気で走る[動画]

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

LEGOブロックで作られた実物大サイズの自動車、「Super Awesome Micro Project」号の走行シーン
  • LEGOブロックで作られた実物大サイズの自動車、「Super Awesome Micro Project」号の走行シーン
デンマーク生まれのブロック玩具、『LEGO』(レゴ)。このLEGOを使って、実物大サイズの走る車が製作され、話題を集めている。

このLEGOカーを手がけたのは、ルーマニア在住のスティーヴ・サンマルチノ氏らのグループ。同氏は2012年2月、自身のTwitterページで、500‐1000ドルの投資を呼びかけ。20名のプロジェクト参加者も募集した。

彼らは、集まった資金とメンバーで、LEGOを使った実物大サイズの自動車の製作に着手。そして完成したのが、「Super Awesome Micro Project」号だ。

このSuper Awesome Micro Project号、50万個ものLEGOブロックで組み立てられた。驚くのはエンジン。256個のピストンをレゴブロックで精巧に表現し、圧縮空気を使って、最高速20‐30km/hで走行できる。

車のデザインは、ホットロッド風。オーストラリア・メルボルンで収録された実際の走行シーンは12月17日、ネット上で公開され、再生回数が早くも250万回を超えている。


《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集