【ホンダ ヴェゼル 発表】開発責任者「ツーフォーメーションで戦っていける」

自動車 ニューモデル 新型車

ホンダ ヴェゼル
  • ホンダ ヴェゼル
  • ホンダ ヴェゼル
  • 本田技術研究所四輪R&Dセンター 板井義春主任研究員
  • ホンダ ヴェゼル
  • ホンダ ヴェゼル
  • ホンダ ヴェゼル
  • ホンダ ヴェゼル
  • ホンダ CR-V
ホンダは新型SUV『ヴェゼル』を12月20日に発売すると発表した。開発責任者を務める本田技術研究所四輪R&Dセンターの板井義春主任研究員は「これまで『CR-V』一本足打法でやってきたが、これによりツーフォーメーションで戦っていける」と語る。

板井主任研究員は「CR-Vは初代から踏まえると、どんどん乗用車ライクになって、北米や中国、アジアの一部などマーケットも非常に大きくなり、大成功している車。ただ、その一方でうまくいっていない地域もある」と指摘。

具体的には「日本の市場でいうと、やはり『CR-Vは大きくなりすぎた』というお客様の声をよく聴く。またヨーロッパでも大きな車が走りにくい環境のところもある」と説明する。

その上で、「車のダウンサイジングがどんどん進んでいく中、また環境性能に対する認識が非常に高まっていく中で、CR-VはCR-Vの世界をどんどん広げていかなければいけないが、これ一本ではもう戦っていけないだろうというところで、(ヴェゼルの)企画をスタートした」と振り返る。

さらに「ヴェゼルはCR-Vよりひとクラス小さいサイズになるので、車としてのカニバリはないと考えているが、ただ日本の市場でいうと、どちらかというとヴェゼルの方がメインの商品になっていくと考えている」とも述べていた。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集