プラレール5.6kmを走ってギネス記録達成…パナソニック『EVOLTA』

鉄道 エンタメ・イベント

世界最長レール走破チャレンジ
  • 世界最長レール走破チャレンジ
  • 滝野川第七小学校コース
  • 世界最長レール走破チャレンジ
 パナソニックは14日、世界一長いプラスチックレールを走破するギネス世界記録に挑戦、乾電池『EVOLTA』1本を動力源に走行する玩具車両を使用し、距離5.60844kmを走破して、記録を達成した。走行時間は4時間25分34秒。

 今回のチャレンジは『EVOLTA』の長もちを実証するため、タカラトミーと東京都北区立滝野川第七小学校の3者合同企画として実現した。タカラトミーの『プラレール』を使ってコースを作り、「秋田新幹線E6系スーパーこまち」を走行させた。動力源は乾電池『EVOLTA』単3形1本のみで、レール2万6667本を使用した5.60844kmのコースを走り切った。

 チャレンジは、市販のおもちゃの鉄道用プラスチックレールをつなぎ合わせた距離で、ギネス世界記録をめざした。チャレンジ車両がコースの全長を走行することで記録が認定される。チャレンジ車両は自走、または手で転がして走らせる。コースアウトしたら失格。コースアウトしなければ途中で止まった場合でもチャレンジを続行できる。

 レールコース作りは、 2014年3月をもって59年の歴史に幕を閉じ、新校になることが決定している滝野川第七小学校の児童たちが担当。全校生徒41名が中心となり、教師やOB&OG協力のもと、約1週間を費やし完成させた。思い出作りに全校児童で世界記録に挑戦し、クリアできた。

 コース作りに使用したプラレールの一部は、記録達成を記念して、全国の子供たちを対象に「挑戦レールでみんなに笑顔を。」キャンペーンでプレゼントする。さらにキャンペーンに先駆け、東日本大震災で被災した東北の5団体に寄贈するほか、全国からも寄贈団体を募集する。

ギネス世界記録 概要
●正式記録名:Longest plastic toy train track
●認定日:2013年12月14日(土)
●場所:東京都北区立滝野川第七小学校
●記録:5.60844km
●走行時間:4時間25分34秒

「挑戦レールでみんなに笑顔を。」キャンペーン概要
●募集数:50団体程度
●対象:幼稚園・保育園・学童施設など
個人は対象外
プラレールの対象年齢:3歳以上
●募集期間:2013年12月14日(土)~2014年1月31日(金) 
●寄贈が決定している団体
青森県八戸市:湊高台保育園
青森県八戸市:浜市川保育園
岩手県釜石市:鵜住居保育園
宮城県石巻市:なかよし保育園
宮城県塩釜市:塩釜聖光幼稚園

プラレール5.6kmを走ってギネス記録達成 バナソニック『EVOLTA』

《高木啓@RBB TODAY》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集