【WRC】クビサ、WRCに全戦参戦が決定…マシンはフォード フィエスタRS

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

WRCは12月13日、2013年度にWRC-2クラスのタイトルを獲得した元F1ドライバーであるロバート・クビサが、ドライバーの発表のデッドラインにギリギリのタイミングで、Mスポーツの『フォード・フィエスタRS』を運転し、2014年度シーズンにフル参戦することを発表した。

ラリーモンテカルロに参加する為のデッドラインであるこの日に、クビサはプレスリリースを発表する予定である。クビサの車は彼の長期のスポンサーであるポーランドの石油販売会社である、ロトスのバックアップを受けることとなる。

「僕のパートナーであるロトスグループによるサポートとMスポーツの知識と経験は、僕自身のさらなる開発の為の堅い基盤となり、僕は価値のある経験をWRCのステージで集めることを楽しみにしている」とクビサは語った。

Mスポーツの指揮官であるマルコルム・ウィルソン氏は、「我々は今年の初めにロバート(クビサ)がWRCのシーンに登場して以来、彼を獲得することを夢見て来た。彼は多くのドライバー達に見ることのできない欲望と空腹さを持ち、私はMスポーツが彼に全ての正しいツールを与え、ラリーにおいて前進する力を提供することができると心から信じている」と語った。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集