【東京モーターショー13】ダイハツコペン…Xmzは新ジャンル感を表現

自動車 ニューモデル 新型車

ダイハツ・コペン・フューチャーインクルーデッド Xmz
  • ダイハツ・コペン・フューチャーインクルーデッド Xmz
  • ダイハツ・コペン・フューチャーインクルーデッド Xmz
  • ダイハツ・コペン・フューチャーインクルーデッド Xmz
  • ダイハツ コペンコンセプト(東京モーターショー13)
  • ダイハツ コペンコンセプト(東京モーターショー13)
  • ダイハツ コペンコンセプト(東京モーターショー13)
  • ダイハツ コペンコンセプト(東京モーターショー13)
  • ダイハツ コペンコンセプト(東京モーターショー13)
東京モーターショー13にダイハツが出展した『コペン』には“Rmz”と“Xmz”の2種類がある。ベースは共通だが、デザインの方向性が大きく異なっている。

Xmzのデザインについて、ダイハツ工業デザイン部主査の和田広文さんは、「Rmzのように凝縮された格好良さではなく、新感覚、新ジャンル感を追求した」という。

具体的には、「流麗さやダイナミックさではなく、ブロックがはめ合わさったような表現。大きな塊が組み合わさる表現をすることで、新しいクルマが出来ないかと考えた」と説明する。

そう考えた理由として、「今までのクルマにない価値観に若い人たちが反応して、なんだかこのクルマ、面白いねと感じてもらえるようデザインした」と話す。

カラーも2トーンになっていることから、色々な広がりが出来ると思うと和田さん。「ボディ色の部分を色々変えられるので、新しい世界が広がるだろう」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集