マツダ ロードスター を一部商品改良…レカロ製バケットシートを単独オプション化

自動車 ニューモデル 新型車

マツダ・ロードスター
  • マツダ・ロードスター
  • マツダ・ロードスター
  • マツダ・ロードスター
マツダは、『ロードスター』の一部改良を行い、12月6日より販売を開始した。

今回の商品改良では、従来、アルミホイールとセットオプションだったレカロ製バケットシート(アルカンターラ/本革)をシートヒーターとともに、「RS」「RS RHT」グレードに16万8000円(両席)の単独オプションとして設定した。

また、フォグランプを標準装備化(RS、S RHT、VS RHT、RS RHT)したほか、ソフトトップ車のルーフ生地をビニール素材から全車クロス/ブラックに変更し、エクステリアの質感を向上させた。

さらにステアリングシフトスイッチや、クルマの横滑りを抑制するDSC+TSCを「RHT」のエントリーグレード「S RHT」にも標準で装備するなど、商品力を高めている。

価格は233万1000円から294万円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集