【東京モーターショー13】スバルクロススポーツデザインコンセプト…今後のスバルに共通するデザインモチーフ

自動車 ニューモデル 新型車

スバル クロススポーツ デザインコンセプト(東京モーターショー13)
  • スバル クロススポーツ デザインコンセプト(東京モーターショー13)
  • スバル クロススポーツ デザインコンセプト(東京モーターショー13)
  • スバル クロススポーツ デザインコンセプト(東京モーターショー13)
  • スバル クロススポーツ デザインコンセプト(東京モーターショー13)
  • スバル クロススポーツ デザインコンセプト(東京モーターショー13)
  • スバル クロススポーツ デザインコンセプト(東京モーターショー13)
  • スバル クロススポーツ デザインコンセプト(東京モーターショー13)
  • スバル クロススポーツ デザインコンセプト(東京モーターショー13)
東京モーターショー13に、スバルは『クロススポーツデザインコンセプト』を出展。フロント周りは、今後のスバルに共通するデザインモチーフとなっている。

スバル商品企画本部デザイン部長兼商品開発企画部長の石井守さんによると、「ヘキサゴングリルとホークアイ(鷹の目)、その中のコの字の表現。これらをモチーフとして取り入れている」とポイントを述べる。

具体的には、「ヘキサゴンから6角形の面で始まるように造形した。これは『レヴォーグ』も同様で、このデザインにより、カチッとした塊感を表現、わざと硬く見せている。これがスバルデザインの今後の方向性だ」とし、「グニャグニャとした有機的なものではなく、基調線があり、しっかりとした塊感を持つデザインがスバルなのだ」という。

ただし、これらは基本の考え方だと石井さん。「これらの記号性だけを使って、バランスは全部変えていく。スバルはラインナップが少ないので、このキーワードを統一し、横串を刺してどのクルマが来てもスバルだとわかることが重要なのだ」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集