【ジープ グランドチェロキー ラレード 試乗】洗練度増したフラッグシップ…島崎七生人

試乗記 輸入車

ジープ グランドチェロキー ラレード
  • ジープ グランドチェロキー ラレード
  • ジープ グランドチェロキー ラレード
  • ジープ グランドチェロキー ラレード
  • ジープ グランドチェロキー ラレード
  • ジープ グランドチェロキー ラレード
  • ジープ グランドチェロキー ラレード
  • ジープ グランドチェロキー ラレード
グリーティングカードかクラスマガジンを思わす体裁が毎回楽しいジープのカタログ。新型『グランドチェロキー』も、木目の表紙に焼き印風にクルマを模った、なかなかのハイセンスぶりだ。カタログを眺めるところからそのクルマの世界観が楽しめる好例だ。

もちろん実車は、ジープのフラッグシップらしい洗練された仕上がり。先のマイナーチェンジでヘッドランプ、グリルまわりのフェイスリフトを実施。大柄な外観は都会的な繊細さも加わった印象だ。全幅(1935mm)、全高(1825mm)こそタップリしているが、全長(4835mm)は上級クラスのセダンより短い。

乗り味のなめらかさも実感する。高速走行時の安定感も、かつてのモデルとは大きな違いだ。3.6リットルのV6(286ps/35.4kg-m)に新たにZF社製8速ATが組み合わせられ、動力性能も十分。100km/hは8速で1600rpmほど。巡航ならJC08モード燃費(8.6km/リットル)を軽く凌ぐ、2桁台の燃費も達成する。しかもレギュラーガソリン仕様なのも見逃せない。

メーターやセンタークラスターの表示に液晶パネルを採用するなど、インテリアも現代的なしつらえだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。
《島崎七生人》

編集部おすすめのニュース

特集