【東京モーターショー13】三菱コンセプト GC-PHEV…新しいフラッグシップをデザイン

自動車 ニューモデル 新型車

三菱コンセプト GC-PHEV
  • 三菱コンセプト GC-PHEV
  • 三菱コンセプト GC-PHEV(東京モーターショー13)
  • 三菱コンセプト GC-PHEV(東京モーターショー13)
  • 三菱コンセプト GC-PHEV(東京モーターショー13)
  • Concept GC-PHEV
  • 三菱 コンセプト GC-PHEV(東京モーターショー13)
  • 三菱 コンセプト GC-PHEV(東京モーターショー13)
  • 三菱 コンセプト GC-PHEV(東京モーターショー13)
三菱自動車は、東京モーターショー13に、同社の新しいフラッグシップをイメージしてデザインされた、『コンセプト GC-PHEV』を出展した。GCはグランドクルーザーの意味。

「三菱の新しいフラッグシップとしてデザインするにあたり、キャビンより下のボディの迫力と塊感、シンプルでありつつも彫刻的にデザインされていることを狙い、押し出し感と迫力、車格感を目指してデザインした」と話すのは、同社デザイン本部東京デザインスタジオの松岡亮介さん。ボディに対してキャビンは、「ガラスルーフや窓を含めて軽く、開放感のあるデザインとし、その融合という形でデザインした」という。

その理由について松岡さんは、「ラージSUVなので、色々なところを走るイメージから、乗員や周りの環境を守るという意味と、三菱が打ち出している環境性能や安全性を考え、塊感のあるボディをデザインした」と話す。

しかし、その塊感にキャビンは含めなかった。「コンセプト GC-PHEVには、AR技術(Augmented Realityの略。ありのままの知覚情報に、デジタル合成などによる情報を補完し、現実認識を強化させる技術)などを用い、様々なところにカメラやセンサーを仕込み、乗員が安全に快適に運転できるというコンセプトがある。そこで、比較的開放的で視界もなるべく良くするようにし、ボディとのコントラストをつけてデザインした」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集