トヨタ、アクアを一部改良…世界トップクラスの燃費性能 37.0km/リットルを達成

自動車 ニューモデル 新型車

トヨタ・アクア
  • トヨタ・アクア
  • トヨタ・アクア
トヨタ自動車は、一部改良し、燃費性能で世界トップクラス(PHV車を除くガソリン乗用車)の37.0km/リットル(JC08モード)を実現した『アクア』を、12月2日に発売する。

今回の改良では、エンジンのフリクションを低減するとともに、モーターやインバーターなどの制御を改良しハイブリッドシステムの効率を一段と高めることで、従来モデルより燃費性能を1.6km/リットル向上。世界トップクラスの低燃費37.0km/リットルを実現した。

また、サスペンションにチューニングを施すなど乗り心地を向上させたほか、遮音材の追加などにより静粛性を高めている。

さらに、ドアミラーにドアの施錠・解錠と連動して格納・復帰するオート機能と、フロントドアガラスに撥水機能を追加し利便性を向上するとともに、ヒルスタートアシストコントロールには坂道を感知する機能を追加し、車両のずり落ちを緩和する性能を高めた。

このほか、外板色に新色ディープアメジストマイカメタリックを追加し全11色とするとともに、スピードメーター文字色を変更した。

価格は170万円から195万円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集