【東京モーターショー13】NSK、ハンドルを切らないアドバンスド・アシスタント・ステアリングを展示

自動車 ニューモデル モーターショー

アドバンスド・アシスタント・ステアリングの展示
  • アドバンスド・アシスタント・ステアリングの展示
  • NSKブース
  • インホイールモーターのカットモデル
  • インホイールモーターの拡大
東京モーターショー13のNSKブースでは、ハンドルを切らなくても車の操舵を行えるアドバンスド・アシスタント・ステアリングを展示した。

この新ステアリングは、左右の前輪に内蔵したインホイール・モーターで駆動する際に、左右のモーターの回転数に差をつけて前輪のタイヤは真っ直ぐを向いたままで、車がカーブを曲がることができるというシステムだ。

車がカーブに近づくと路側帯の白線を検知して、左右の前輪の回転数に差をつけてカーブを曲がるようになっている。

小さな曲がり角をこの新システムだけで曲がるのは難しいが、曲率半径が大きな通常のカーブなら、ハンドルを切らなくても車は向きを変えて走行できるという。

タイヤの向きを変える通常のステアリングより、タイヤの向きが変わらないので、タイヤの接地面が捩じれず、タイヤと路面の接地状態が安定して、車のカーブ走行が安定するという。
《山内 博》

編集部おすすめのニュース

特集