ホンダ、原付スクーター ディオ などのカラーリングを変更

モーターサイクル 新型車

ホンダ・ディオ
  • ホンダ・ディオ
  • ホンダ・ディオ
  • ホンダ・ディオ
  • ホンダ・ディオ
  • ホンダ・ディオ
  • ホンダ・ディオ チェスタ
  • ホンダ・ディオ チェスタ
  • ホンダ・ディオ チェスタ
ホンダは、原付スクーター『ディオ』と、大型フロントバスケット付きモデル『ディオ チェスタ』のカラーバリエーションを変更し、11月25日に発売する。

今回のディオは、新色3色(グレー、アイボリー、ブラウン)と継続色2色(シルバー、パープル)を合わせた全5色の設定。また、シート表皮のカラーを従来のブラックからグレーとブラックの2トーンに、前・後ホイールをブラックからゴールドに変更した。

ディオ チェスタは、新色1色(ブラウン)と継続色2色(アイボリー、バイオレット)を合わせた全3色を設定。シート表皮のカラーは新配色のブラウンとグレーの2トーンに、ハンドルグリップのカラーをブラックからブラウンに変更することで、上質感を高めた。

価格はディオが15万9600円、ディオ チェスタが16万6950円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集