【東京モーターショー13】住友ゴム、環境に配慮したプロトタイプタイヤ2種を出品

自動車 ビジネス 企業動向

ダンロップの住友ゴム工業は、低燃費性能を追求した「50%転がり抵抗低減タイヤ」と、次世代新工法「NEO-T01」で製造したプレミアムランフラットタイヤ「SP SPORTMAXX 050 NEO」の2種類のプロトタイプタイヤを「第43回東京モーターショー2013」に出品する。

50%転がり抵抗低減タイヤは、不要なタンパク質やリン脂質を取り除いた高純度天然ゴム「UPNR」(Ultra Pure Natural Rubber)を採用。ゴムとカーボン表面をより強く結合することで無駄な発熱を抑制し、転がり抵抗を低減させた。また、ナノレベルで分子を最適化した「変性S-SBR」を採用することで、低燃費性能とウエットグリップ性能を高次元で両立した。

SP SPORTMAXX 050 NEOは、タイヤ製造における「超高精度」を追求した次世代新工法「NEO-T01」を導入。実際のタイヤの内面と同じ形状をした金属の成形フォーマーにタイヤの各種部材を精度良く貼りつけることで、高次元の真円性を実現。上質な乗り心地、快適な操縦安定性能と低燃費性能を追求した。

同社では、今後は耐久性などの信頼性の評価と量産化技術の確立を目指し、2014年の発売を予定している。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集