【東京モーターショー13】マツダ小飼社長、SKYエンジンはCNGに対応しやすい

自動車 ニューモデル モーターショー

MAZDA 3 SKYACTIV-CNG CONCEPT(東京モーターショー13)
  • MAZDA 3 SKYACTIV-CNG CONCEPT(東京モーターショー13)
  • 【東京モーターショー13】マツダ小飼社長、SKYエンジンはCNGに対応しやすい
  • マツダブース(東京モーターショー13)
  • マツダ 小飼社長(東京モータショー13)
  • マツダ プレスカンファレンス(東京モーターショー13)
  • マツダ プレスカンファレンス
  • マツダ 小飼雅道社長
マツダは今年6月に就任した小飼雅道社長がモーターショーデビューし、「Be a driver」という商品広告メッセージに基づき、マツダのクルマづくりへの想いをアピールした。

このなかで小飼社長は「マツダは退屈なクルマはつくらない。”走る歓び”を感じるクルマのみつくる意味がある」と述べ、独自の環境技術であるSKYACTIVや「魂動」デザインを媒介に顧客と「強い繋がりをもったブランドを目指す」と強調した。

展示の中心はフルSKYACTIVの第3彈として21日に発売する「アクセラ(マツダ3)」となっているが、このアクセラについては「SKYACTIV-CNGコンセプト」も展示している。天然ガスとガソリンのデュアル燃料車であり、小飼社長は「圧縮比の高いSKYACTIVガソリンエンジンなので、CNG燃料に対応が容易」と指摘。北米では「シェールガスの生産本格化もある」と、同地域をにらんだモデルとして開発を進める方針を示した。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集