【東京モーターショー13】三菱ふそう、アジア・アフリカ戦略車 FI を日本初公開

自動車 ニューモデル モーターショー

三菱ふそう・FI
  • 三菱ふそう・FI
  • 三菱ふそう・キャンター エコ ハイブリッド カンナ
  • 三菱ふそう・キャンター エコ ハイブリッド Moving Pit
  • 三菱ふそう・キャンター T90
三菱ふそうトラック・バスは、11月23日から東京ビッグサイトで一般公開される「第43回東京モーターショー2013」で、日本初公開となるアジア・アフリカ戦略車『FI』など、7台の車両を出展した。

中型トラック FI は、日本・ドイツ・インドの技術を融合し、高い耐久性や積載量、パワフルな走行性能を実現。小型トラック『キャンター』のキャビンおよび中型トラック『ファイター』の足回りをベースに開発された車両で、新開発の4D37型ディーゼルエンジンと6速マニュアルトランスミッションを搭載する。

また、三菱ふそうの女性社員有志がプロジェクトを立ち上げ、外観デザインから内装に至るまで企画した小型HVトラック『キャンター エコ ハイブリッド カンナ』も参考出品された。外装カラーはピンクをベースに水玉模様を配置。街中の移動カフェや花屋などで活躍する、元気で明るいトラックをイメージした。

そのほか、修理サービスカー『キャンター エコ ハイブリッド Moving Pit』、レストア車両『キャンター T90』などを出展している。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集