【東京モーターショー13】レクサス伊勢プレジデント「13年販売は52万台と最高に」

自動車 ニューモデル モーターショー

レクサス 伊勢清貴プレジデント
  • レクサス 伊勢清貴プレジデント
  • レクサス プレスカンファレンス(東京モーターショー13)
  • レクサス プレスカンファレンス(東京モーターショー13)
  • レクサス プレスカンファレンス(東京モーターショー13)
レクサス 伊勢清貴プレジデントは、ワールドプレミアのLF-NXとRCを披露した。伊勢氏は前回の東京モーターショーで宣言した変革をGSやLSなど「基幹車種で一気呵成に進めた」と強調、新モデルで「更なる一歩を踏み出す」とアピールした。

伊勢氏は、2013年のグローバルでのレクサス車販売が過去最高の52万台になるとの見通しも示した。07年の約51万台を上回り、リーマン・ショック後では初の大台越えとなる。

こうした実績から同氏は「持続的な成長への土台ができた」と評価。ただ、「チャレンジは始まったばかり」とも述べ、レクサスとしての「もっといいクルマづくり」に取り組むと語った。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集