【東京モーターショー13】富士重工 吉永社長「レヴォーグは日本向けに開発」

自動車 ニューモデル モーターショー

富士重工業(スバル)の吉永泰之社長(東京モーターショー13)
  • 富士重工業(スバル)の吉永泰之社長(東京モーターショー13)
  • スバル レヴォーグ(東京モーターショー13)
  • スバル レヴォーグ(東京モーターショー13)
  • スバル レヴォーグ(東京モーターショー13)
  • スバル レヴォーグ(東京モーターショー13)
  • スバル レヴォーグ(東京モーターショー13)
  • スバル レヴォーグ(東京モーターショー13)
  • スバル レヴォーグ(東京モーターショー13)
富士重工業(スバル)は吉永泰之社長がワールドプレミアとなった「レヴォーグ」を披露し、「日本向けに開発した。スバルの最新技術の全てを注ぎ込んだ」とアピールした。

レヴォーグは1.6リットルおよび2.0リットルの水平対向直噴エンジンとターボを組み合わせ、走行性能と燃費性能の両立を図った。1.6リットルの燃費は17.4km/リットル。また、安全技術「アイサイト」のバージョン3を初搭載する。吉永社長は高速道などでの特定の走り方では「自動運転の領域に近づいた」と指摘した。

発売は2014年春としており、同年初めから先行予約を始める。価格は未公表。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集