【ルノー ルーテシアRS 新型発売】電光石火のシフトタイミング、最短150ミリセカンド

自動車 ニューモデル 新型車

ルノー・ルーテシアRS
  • ルノー・ルーテシアRS
  • ルノー・ルーテシアRS
  • ルノー・ルーテシアRS
  • ルノー・ルーテシアRS
  • ルノー・ルーテシアRS
  • ルノー・ルーテシアRS
  • ルノー・ルーテシアRS
  • ルノー・ルーテシアRS
新型ルノー『ルーテシア ルノー・スポール(RS)』は、ドライバーが任意に選べる3つの走行モードを備えた“R.S.ドライブ”が装備される。

ノーマル、スポーツ、レースの3つの走行モードが選べるこの装備は、サイドブレーキの位置にあるR.S.スイッチにより切り替えられる。

スイッチを操作しない場合はノーマルモードで、快適さと燃費に配慮した走行モード。ESC(横滑り防止装置)などの電子制御は全て作動する。シフトタイミングは200ミリセカンドである。

そこから一回だけ押すと、スポーツモードとなり、エンジン回転が750回転から1000回転に上昇。ESCなどの電子制御の介入がギリギリまで遅くなるとルノー・ジャポンマーケティング部商品・広報グループのフレデリック・ブレンさんはいう。このモードでのシフトタイミングは170ミリセカンドだ。

そして、レースモードはスポーツモードからギアレバーをマニュアルモードにし、R.S.スイッチを長押しする。この走行モードは、ABS以外の電子制御は全てキャンセルとなり、シフトタイミングは150ミリセカンドとなる。ブレンさんは、「シフトタイミングのベンチマークは、ZF製のポルシェのPDKが、同じ150ミリセカンドというシフトタイミングということからそこをターゲットに開発した」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集