【ロサンゼルスモーターショー13】クライスラー 300S に2014年型…スポーツ性を強化

自動車 ニューモデル 新型車

クライスラー 300S の2014年モデル
  • クライスラー 300S の2014年モデル
  • クライスラー 300S の2014年モデル
  • クライスラー 300S の2014年モデル
  • クライスラー 300S の2014年モデル
  • クライスラー 300S の2014年モデル
  • クライスラー 300S の2014年モデル
米国の自動車大手、クライスラーグループは11月15日、2014年モデルのクライスラー『300S』の概要を明らかにした。実車は11月19日、米国で開幕するロサンゼルスモーターショー13で初公開される。

現行クライスラー『300』は2011年、2代目モデルとして登場。2012年モデルでは、スポーツグレードとして、300Sが追加設定された。この300Sが今回、2014年モデルに進化を遂げる。

2014年モデルでは、内外装のスポーツ性を強化。外観は、「ブラックアウト」をテーマに、変更を受けた。具体的には、ヘッドランプやテールランプ周辺をブラックアウト化。グリルもブラッククロームとした。窓回りもグロスブラックに変更。グロスブラック仕上げのルーフも選択できる。

インテリアは、スポーツシートにブラックレザーまたは、ブルーのナッパレザーを用意。大型のタッチスクリーンモニターやプレミアムオーディオも、新たな装備として設定された。

搭載エンジンはガソリン2種類。3.6リットルV型6気筒は、最大出力300ps、最大トルク36.5kgmを発生。5.7リットルV型8気筒「HEMI」ユニットは、最大出力370psを引き出す。巡航時などの低負荷走行の際、8気筒の半分の4気筒を停止する気筒休止システムを採用している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集