【広州モーターショー13】ブリヂストン、環境をテーマに最新技術を紹介

自動車 ビジネス 企業動向

ブリヂストンは、11月21日から11月30日まで、中国で開催される「広州モーターショー2013」に出展、「イノベーションを通じた持続可能な社会の実現」をテーマに、各種製品や技術を紹介する。

今回のモーターショーでは、「資源を大切に使う」、「CO2を減らす」の2つの領域にフォーカスを当て、同社グループの最先端の環境技術や環境対応商品を紹介する。

「資源を大切に使う」ための取り組みを紹介するコーナーでは、「非空気入りタイヤ(エアフリーコンセプト)」や、トレッド部分以外をリユースできるようにした「リトレッドタイヤ」、パンクしても一定距離走行ができる「ランフラットテクノロジー採用タイヤ」などを展示する。

また、「CO2を減らす」ための取り組みを紹介するコーナーでは、狭幅・大径サイズのタイヤ「ECOPIA with ologic」や、低燃費タイヤ「ECOPIA」を展示。さらに、鉱山などで使用する直径4メートルを超える巨大なタイヤなども展示する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集