【ホンダ オデッセイ 新型発表】キャビンを重く見せないための工夫

自動車 ニューモデル 新型車

ホンダ・オデッセイ
  • ホンダ・オデッセイ
  • ホンダ・オデッセイ
  • ホンダ・オデッセイ
  • ホンダ・オデッセイ
  • ホンダ・オデッセイ
  • ホンダ・オデッセイ
ホンダ『オデッセイ』がフルモデルチェンジした。新型の開発目標のひとつに低重心化があり、デザインでも低重心化を表現している。

「パッケージが大きいクルマなので、そのままでは重心の高いボックススタイルになってしまう。そこでデザインのマジックで低重心に見せなければいけない」とは、本田技術研究所四輪R&Dセンターデザイン室1スタジオの村上渉さんの弁。

一例として村上さんは、サイドウインドウ周りのクロームの使い方を挙げる。「目線を出来るだけ下に向けたいので、下側だけクロームを入れている。さらにヘッドライトからリアまで貫通させることで、より長く見せることも出来た。さらに、(キャビンとボディを)上下分割して見せられるので、軽快感も増している」と話す。

また、Dピラーは下側を細く、下にメッキを入れることで浮いているように見せ、キャビン側を重く見せないような工夫もされた。

そして、このDピラーのデザインはもうひとつ意味がある。「このクルマは視界を大事にデザインした」と村上さん。「平日のマーケットなどでは、女性が大きなミニバンを運転する姿をよく見かけ、クルマを見るとバンパーを擦った跡があるクルマが多く、道具として、視界という面ではまだまだミニバンは完成されていないなと思った」と述べる。そこで、「バック時のDピラーあたりは一番見たいところなので、なるべく細くしようと、下細りのピラーをデザインした」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集