【SEMAショー13】マツダ アクセラ 新型に「クラブスポーツ」コンセプト

自動車 ニューモデル モーターショー

新型マツダ3(アクセラ)のクラブスポーツ3
  • 新型マツダ3(アクセラ)のクラブスポーツ3
  • 新型マツダ3(アクセラ)のクラブスポーツ3
  • 新型マツダ3(アクセラ)のクラブスポーツ3
  • 新型マツダ3(アクセラ)のクラブスポーツ3
マツダの米国法人、北米マツダは11月5日(日本時間11月6日未明)、米国ラスベガスで開幕したSEMAショー13において、新型『マツダ3』(日本名:『アクセラ』)の「クラブスポーツ3」を初公開した。

同車は、新型アクセラの5ドアハッチバックをベースに、カスタマイズを提案したコンセプトカー。マツダブランドのモータースポーツの伝統を表現することに重点を置いている。

外観は、スレートホワイトで塗装。ホイールアーチやドア、Cピラーには、メタリックシルバーのラインを添えた。ボディサイドには、「3」の大型デカール。ボンネットには、SKYACTIVテクノロジーを示すデカールを装着した。

マツダデザインが開発した純正エアロキットも装着。このエアロキットは、フロントリップスポイラー、サイドスカート、リアスポイラー、ディフューザーで構成。色は黒で仕上げて、白いボディカラーとのコントラストを引き立てる。なお、この純正エアロキットは2014年から、全世界で販売される予定。

搭載エンジンは、「SKYACTIV -G」と呼ばれる2.5リットルガソリン。クラブスポーツ3では、6速MTを『CX-5』から移植。ファイナルレシオは4.7対1とショート化されており、新型アクセラの2.0リットル「SKYACTIV -G」仕様に対して、ギアレシオも20%短い。

さらに、「Wavetrac」と呼ばれるヘリカルLSDを追加。クスコ製スプリング、レーシングビート製エグソースト、ブレンボ製ブレーキ、レイズ製アルミホイール、235/35ZR19サイズのブリヂストン「ポテンザRE-11」タイヤなどを装着している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集