トヨタ自動車、愛知県で充電インフラ普及に向けた実証実験を開始

エコカー EV

トヨタ自動車は、愛知県の4自治体(蒲郡市、豊橋市、西尾市、幸田町)および13企業・団体と共同で、2013年11月15日から2014年3月15日まで、プラグインハイブリッド車(PHV)や電気自動車(EV)などの普通充電器に関する実証実験を行う。

実証実験は2012年度に引き続き行われるもので、今回は昨年度の利用実績が多かった商業施設に加え、PHV・EVユーザーから設置要望のあった宿泊施設および周辺の観光施設等まで対象を拡大。最適な充電器の設置場所や、利用しやすい認証方法等について調査・検証を行い、設置活動を支援する。

具体的には、愛知県三河地区の4自治体と連携し、域内の宿泊施設・観光施設に充電器を重点的に設置し、これによる集客効果やPHV・EVの認知度の変化について検証する。

また、充電器とその認証カードの利便性を高めるため、トヨタメディアサービス製充電器「G-Station」専用の認証カード(プリウスPHV会員カード)を豊田自動織機製充電器「EVC1」にも対応可能とし、新規ユーザーの増加の有無など、利用実態を検証する。

さらに、設置事業者による設置コスト等の回収手段として、引き続きコイン投入方式の充電器を一部の観光施設等にも設置して利用料を徴収することで、利用者の動向や料金の 妥当性を検証する。

なお、今回実証実験で使用する充電器は、昨年度までに設置を行った充電器32基に、新たに設置を予定している40基を加え、計72基となる。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集