ランボルギーニ ガヤルド、米国でリコール…カーボンセラミックブレーキに不具合

自動車 テクノロジー 安全
ランボルギーニ ガヤルド
  • ランボルギーニ ガヤルド
イタリアのスーパーカーメーカー、ランボルギーニの主力車種、『ガヤルド』。同車が米国市場において、リコール(回収・無償修理)を行うことが判明した。

これは、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)が明らかにしたもの。ランボルギーニの米国法人、ランボルギーニアメリカから、ガヤルドに関するリコールの届け出を受けたと公表している。

今回のリコールは、カーボンセラミックブレーキの不具合が原因。NHTSAによると、ガヤルドのカーボンセラミックブレーキローターを固定するステンレス製ねじが、塩害により腐食。ブレーキ性能が落ちて、事故のリスクが増すという。

リコールの対象となるのは、2007-2009年モデルのガヤルド(スパイダーを含む)のカーボンセラミックブレーキ装着車。2007年12月から、2013年3月にかけて生産され、米国で販売された263台が該当する。

ランボルギーニアメリカでは、対象車の顧客に連絡。対策部品が用意できる2013年11月から、ねじを無料交換するリコール作業を行う方針。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集