【ITS世界会議13】HUAWEIとITSの関係…500km/hでの移動体通信が可能なLTE技術

自動車 テクノロジー ITS
ITS世界会議ショーケースのHUAWEIブース
  • ITS世界会議ショーケースのHUAWEIブース
  • eLTEのサービスイメージ
  • eLTE用の業務端末
  • eLTEの基地局を構成するベースバンドユニット
  • eLTEの基地局を構成するリモートラジオユニット
通信機器メーカーであるHUAWEIが、ITS世界会議のショーケースに出展していた。展示の目玉は「eLTE」という独自の高速移動体通信とトランキングに特徴がある技術だった。

「eLTE」は、基本技術はLTEと同じものだが、高速ブロードバンドアクセスに特化した形で、おもに業務用のモバイルネットワーク構築のために利用するという。eLTEの 「e」はEnterpriseの意味だそうだ。

グローバルでの応用事例は、鉄道、空港、港、ガス田・油田などでの業務用の通信ネットワークに実績がある。これらの施設では、音声やインターネット接続以外に、業務用のデータパケット、センサーや設備等の制御ネットワーク、運行管理ネットワークなど多種多様なネットワークを利用している。それぞれの用途ごとの無線技術があるが、eLTEは、複数の回線やチャネルを単一のネットワークで扱う技術(トランキング)によるソリューションを提供する。

また、高速で移動しても接続が維持できるハンドオーバーにも優れているといい、上海のリニアモーターカーのブロードバンド接続にも同社のeLTEが利用されているそうだ。上海のリニアは最高速度450km/hで走行するが、eLTEは500km/hの移動体にも対応する。基地局が対応する周波数帯は、400M、800M、1.4G、1.8G、2.6G、3.5G、3.7G、5.8Gだが、FDD方式は800MHz帯のみで、それ以外はTDD方式だ。

なお、日本のキャリアのLTE周波数は、ドコモとKDDIが800MHz、1.5GHz、2GHzで、ソフトバンクが1.8GHz(イー・アクセスの1.7GHzに相当)、2.1GHzでそれぞれサービスを行っている。HUAWEIのLTE基地局はソフトバンクなどで採用されているが、日本のリニアへの採用を狙っているのかもしれない。
《中尾真二》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース