MINI ハッチバック 新型、最新車載コネクト搭載へ…センターメーターは廃止

自動車 ニューモデル 新型車

新型MINIハッチバックの「MINIコネクテッド」
  • 新型MINIハッチバックの「MINIコネクテッド」
  • 新型MINIハッチバックの「MINIコネクテッド」
  • 新型MINIハッチバックの「MINIコネクテッド」
  • 新型MINIハッチバックの「MINIコネクテッド」
  • 新型MINIハッチバックの「MINIコネクテッド」
  • 新型MINIハッチバックの「MINIコネクテッド」
  • 新型MINIハッチバックの「MINIコネクテッド」
BMWグループのMINIが11月18日、英国で発表する予定の新型『MINIハッチバック』。同車には、最新の車載コネクティビティシステムが搭載される。

これは10月10日、MINIが明らかにしたもの。新型MINIハッチバックに採用される車載コネクティビティ、「MINIコネクテッド」の内容を公表している。

新型MINIハッチバックでは、MINI伝統のダッシュボードのセンターメーターを廃止。センターメーターの部分には、丸いデザインの大型ディスプレイが装備された。

ここには、ナビゲーションシステムやオーディオがレイアウトされるだけでなく、前車への追突危険警告や、歩行者などとの衝突危険警告なども表示。さらに、外周部を赤く光らせることで、ドライバーに警告を発する。

また、新世代のMINIコネクテッドには、新開発のヘッドアップディスプレイを用意。ドライバーは運転中、視線をそらすことなく、速度やナビゲーションなどの必要な情報を得ることができる。

この他にも、新型MINIハッチバックには、縦列駐車アシスト、リアビューカメラ、ビデオをベースにしたスピード&ディスタンスコントロールなどの先進装備が設定される。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集