【ITS世界会議13】富士重、協調型安全運転支援システム搭載車を出展

自動車 テクノロジー ITS

富士重・ブースイメージ
  • 富士重・ブースイメージ
  • 富士重・協調型安全運転支援システム搭載車両
富士重工業は10月14日から18日、東京ビッグサイトなどで開催されている「第20回ITS世界会議 東京2013」に、協調型安全運転支援システム搭載車両を出展する。

富士重工業は、先進運転支援システム「アイサイト(ver.2)」をベースに車車間通信システムを利用した、協調型安全運転支援システム搭載車両のデモンストレーションを行う。

デモンストレーションでは、車車間通信や歩車間通信を利用して車両や歩行者の動向を認識し、見通しが悪い状況等でも車両や歩行者との事故を防止する協調型自動運転技術を公開する。さらに、ITSスポット、車車間通信を利用したACC(最適車間制御)/CACC(協調型最適車間制)により、応答性の良いスムーズな加減速を実現することで最適な車間距離を維持し、高速道路サグ部の渋滞緩和と交通円滑化走行に寄与する最適車間制御のデモンストレーションも実施する。

このほか、自車速30kmから自動ブレーキで模擬障害物を衝突回避するプリクラッシュブレーキを体感できるデモンストレーション、アイサイト(ver.2)や次世代アイサイトを中心とした展示などを行なっている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集