ロマンスカー「RSE」、小田急から富士急へ…「フジサン特急」の後継

鉄道 企業動向
富士急行への譲渡が決まった小田急の特急ロマンスカー20000形「RSE」。小田急では2012年3月に引退した。
  • 富士急行への譲渡が決まった小田急の特急ロマンスカー20000形「RSE」。小田急では2012年3月に引退した。
  • 新宿駅に停車中の「RSE」。7両編成2本が製造され御殿場線直通特急『あさぎり』で運用された。
  • 富士急行線で運行されている2000形の『フジサン特急』。小田急から譲り受ける「RSE」は『フジサン特急』の後継車両となる。
小田急電鉄と富士急行は10月11日、小田急で2012年3月まで営業運転されていた特急ロマンスカー20000形「RSE」1編成を富士急へ譲渡することで合意したと発表した。譲渡期日は11月11日。

富士急は20000形を、現在運転している『フジサン特急』の後継車両として7両編成から3両編成に改造し、2014年夏の運行開始を目指す。改造の詳細な内容は発表されていない。

20000形は、JR御殿場線との直通運転用として1991年に2編成がデビュー。小田急初の2階建て車両を2両連結した7両編成で、翌1992年の鉄道友の会「ブルーリボン賞」を受賞した。「リゾート・スーパー・エクスプレス」の頭文字を取った「RSE」の愛称で、主に御殿場線直通特急『あさぎり』で運用されていたが、2012年3月のダイヤ改正で引退した。

『フジサン特急』は2002年から運転を開始した富士急行の特急列車。JR東日本から購入した165系改造のジョイフルトレイン「パノラマエクスプレスアルプス」を再改造した2000形で運転されている。片側先頭車の前面展望席が特徴で、車体にはさまざまな表情の富士山のキャラクターが描かれている。
《小佐野カゲトシ@RailPlanet》

編集部おすすめのニュース

特集