レクサスGS、米国で2014年型…GS350 に8速AT

自動車 ニューモデル 新型車

レクサスGS の2014年モデル(米国仕様)
  • レクサスGS の2014年モデル(米国仕様)
  • レクサスGS の2014年モデル(米国仕様)
  • レクサスGS の2014年モデル(米国仕様)
  • レクサスGS の2014年モデル(米国仕様)
トヨタ自動車の米国法人、米国トヨタ販売は9月24日、レクサス『GS』の2014年モデルを発表した。

2014年モデルでは、3.5リットルV型6気筒ガソリンエンジン(最大出力306ps)搭載の「GS350」グレード(FR駆動)が進化したのが、最大の特徴。

GS350グレードは、エンジンスペックに変更はないが、トランスミッションに8速ATを新採用。この8速ATは、パドルシフト付き。従来の6速ATに対して、レクサスは、「パフォーマンスレスポンスを高めつつ、燃費も引き上げた」と説明する。

さらに、排気システムも改良。レクサスによると、クルージング時の静粛性を向上させているという。

また機能面では、アップル社が開発した音声認識システム、「Siri」の最新バージョンを搭載。「アイフリー」と呼ばれるモードを備え、従来よりも安全かつ的確に、音声による走行中のナビゲーションシステム操作などを可能にしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集