【ホンダ フィットRS 試乗】軽快、爽快な身のこなしが身上…島崎七生人

試乗記 国産車

ホンダフィットRS
  • ホンダフィットRS
  • ホンダフィットRS
  • ホンダフィットRS
  • ホンダフィットRS
  • ホンダフィットRS
  • ホンダフィットRS
  • ホンダフィットRS
  • ホンダフィットRS
カタログでもページの地色が“黒”になり、精悍な趣をアピールするRS。実際の走りもそのイメージどおりだった。

といっても、決してスパルタンな訳ではないのが、最近のホンダ車らしいところ。185/55R16 83Vタイヤ(BS TURANZA ER370)+アルミホイールで足元を引き締めてはいるが、街中でも決して乗り味に粗さはない。サスペンションは、無駄な動きを削ぎ落としながらキチンとストロークしてくれる印象。コーナリング時のボディの動きにも安定感をもたせつつも軽快、爽快なのは、センタータンクの車両レイアウトの強みかもしれない。

1.5リットルiーVTECエンジン(132ps/15.8kg-m)は、ややペースを上げて走ると表情豊かなエンジン性能が堪能できるようだ。試乗できたのは6速MT車だったが、個人的にクラッチペダルは、スムースさは現状ままで、あと少し踏力をかけながら踏み込めるほうが、クラッチのミートするポイントがより探りやすいと感じた。

オレンジの幾何学模様と控えめなステッチの入ったシート表皮、ドット柄パネルなど、さり気なくセンスがいい。このRSに限らず、インパネ中央に新採用の“静電式パネル”は、iPadを斜めに傾けて操作している感じで、たとえ走行中でも操作エラーの起こらない、適切な感度のパネルに仕上げられている。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。
《島崎七生人》

編集部おすすめのニュース

特集