【フランクフルトモーターショー13】BMW から電動スクーター、Cエボリューション…市販版を初公開

自動車 ニューモデル モーターショー

BMW Cエボリューション
  • BMW Cエボリューション
  • BMW Cエボリューション
  • BMW Cエボリューション
  • BMW Cエボリューション
  • BMW Cエボリューション
  • BMW Cエボリューション
  • BMW Cエボリューション
  • BMW Cエボリューション
ドイツの高級車メーカー、BMWの二輪車部門、BMWモトラッドは9月10日、ドイツで開幕したフランクフルトモーターショー13において、『Cエボリューション』を初公開した。

Cエボリューションは、BMWモトラッドが開発した電動スクーターの量産モデル。これまで、コンセプトカーとして、様々なモーターショーに出品されてきたが、フランクフルトモーターショー13では、市販バージョンがベールを脱いだ。

パワートレインは、水冷式モーターと空冷式高圧バッテリー(二次電池)で構成。モーターは最大出力47psを発生。最高速120km/h(リミッター作動)の動力性能を実現する。0-50km/h加速は2.7秒、0-100km/h加速は6.2秒。BMWモトラッドによると、加速性能は排気量600ccクラスの大型スクーターよりも優れるという。

Cエボリューションは1回の充電で、最大100kmを走行可能。充電時間は、220V/12Aチャージャーで約4時間。220V/16Aチャージャーなら約3時間で完了する。

また、Cエボリューションでは、4種類の走行モードが選べる。「ロード」、「エコプロ」、「セイル」、「ダイナミック」。エコプロは燃費志向、ダイナミックはパフォーマンス志向の走行モードとなる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集