【フランクフルトモーターショー13】キア ソウル 新型、欧州上陸…SUVデザインに変更

自動車 ニューモデル 新型車

新型キア ソウル 欧州仕様車(フランクフルトモーターショー13)
  • 新型キア ソウル 欧州仕様車(フランクフルトモーターショー13)
  • 新型キア ソウル 欧州仕様車(フランクフルトモーターショー13)
  • 新型 キア ソウル 欧州仕様
  • 新型 キア ソウル 欧州仕様
  • 新型 キア ソウル 欧州仕様
  • 新型キア ソウル
韓国のキアモーターズは9月10日、ドイツで開幕したフランクフルトモーターショー13において、新型『ソウル』の欧州仕様車を初公開した。

初代ソウルは2008年10月、パリモーターショー08で発表。ボクシーな5ドアハッチバックボディが特徴のサブコンパクトカーで、米国では日産『キューブ』やサイオン『xB』(日本名:トヨタ『カローラルミオン』)などと競合する小型ハイトワゴン。

キアモーターズは2013年3月、ニューヨークモーターショー13において、2代目となる新型ソウルを発表。そして今回、フランクフルトモーターショー13では、その欧州仕様車がワールドプレミアされた。

欧州仕様の新型ソウルは、米国向けと若干外観が違う。SUVテイストが強調されているのが特徴。具体的には、専用のフロントバンパー、ブラック樹脂仕上げのフェンダーアーチを採用。ヘッドライトのデザインも、米国仕様とは異なる。

欧州向けのエンジンは、1.6リットル直列4気筒のガソリンとターボディーゼル。新型は最新の『シード』と車台をベースに開発されており、キアモーターズによると、先代比でボディ剛性は29%引き上げられているという。

キアモーターズヨーロッパのBenny Oeyen副社長は、「新型も初代の象徴的デザインを継承した。その上で、ドライビングダイナミクスや品質を向上。魅力的な装備を加えた」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集