【フランクフルトモーターショー13】フェラーリ 458 頂点、スペチアーレ…605ps、最高速325km/h

自動車 ニューモデル 新型車

フェラーリ 458 スペチアーレ(フランクフルトモーターショー13)
  • フェラーリ 458 スペチアーレ(フランクフルトモーターショー13)
  • フェラーリ 458 スペチアーレ(フランクフルトモーターショー13)
  • フェラーリ 458 スペチアーレ(フランクフルトモーターショー13)
  • フェラーリ 458 スペチアーレ(フランクフルトモーターショー13)
  • フェラーリ 458 スペチアーレ(フランクフルトモーターショー13)
  • フェラーリ 458 スペチアーレ(フランクフルトモーターショー13)
  • フェラーリ 458 スペチアーレ(フランクフルトモーターショー13)
  • フェラーリ 458 スペチアーレ(フランクフルトモーターショー13)
イタリアのスーパーカーメーカー、フェラーリは9月10日、ドイツで開幕したフランクフルトモーターショー13において、『458スペチアーレ』をワールドプレミアした。

同車は、フェラーリの主力モデル、『458イタリア』の高性能バージョン。ミッドシップに搭載される直噴4.5リットルV型8気筒ガソリンエンジンは、さらなるパワーを追求した。具体的には、燃焼効率のアップや、ピストンのジオメトリー変更による圧縮比の向上、吸排気系の見直しなどを実施。最大出力は605ps/9000rpmへ、35ps引き上げられた。最大トルクは55.1kgm/6000rpmと、変わらず。

リッター当たりの出力は135ps。フェラーリによると、自然吸気エンジン搭載の量産車としては、世界最高のパワーを発揮するという。もちろん、フェラーリの量産自然吸気V8エンジンとしても、歴代最高のパワーを獲得する。

また、458スペチアーレは458イタリアに対して、軽量化を推進。カーボンファイバー製バケットシートを採用するなどして、車両重量は1290kgと、90kgの軽量化を成し遂げた。パワーウェイトレシオは2.13kg/ps。さらに、ピニンファリーナとの協力の下で、エアロダイナミクス性能も引き上げられている。

7速デュアルクラッチ「F1」トランスミッションは、専用チューンで変速時間を短縮。動力性能は0-100km/h加速3.0秒、0-200km/h加速9.1秒、最高速325km/h。イタリアのフィオラノでのラップタイムは、1分23秒05。足回りは、ブレンボ製ブレーキや専用ダンパー、ミシュラン製のフロント245/35ZR20、リア305/30ZR20タイヤで強化。コーナリング性能を高めるSSC(サイド・スリップアングル・コントロール)も導入されている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集