【フランクフルトモーターショー13】フォルクスワーゲン商用版 e-up!登場

自動車 ニューモデル 新型車

フォルクスワーゲン e-load up!(フランクフルトモーターショー13)
  • フォルクスワーゲン e-load up!(フランクフルトモーターショー13)
  • フォルクスワーゲン e-load up!(フランクフルトモーターショー13)
  • フォルクスワーゲン e-load up!(フランクフルトモーターショー13)
  • フォルクスワーゲン e-load up!(フランクフルトモーターショー13)
  • フォルクスワーゲン e-load up!(フランクフルトモーターショー13)
  • フォルクスワーゲン e-load up!(フランクフルトモーターショー13)
  • フォルクスワーゲン e-load up!(フランクフルトモーターショー13)
  • フォルクスワーゲン e-load up!(フランクフルトモーターショー13)
欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲンの商用車部門は9月9日(日本時間9月10日未明)、ドイツで開催したフランクフルトモーターショー13のプレビューイベント、「フォルクスワーゲングループナイト」において、『e-load up!』を初公開した。

同車は、フォルクスワーゲンの新世代コンパクトカー、『up!』をベースにしたEV 、『e-up!』の商用版。都市部で機動力を発揮する小型EVバンを提案する。

乗用版のe-up!と同じく、5ドアボディを採用。ただし、車体の後部に荷物を載せる商用車ということで、リアサイドの窓ガラスが、ボディ同色パネルで埋められる。また、配送時の軽微な接触からボディを守る樹脂製モールが、フェンダーやバンパーに装着された。

ボディサイズは、全長3540×全幅1645×全高1477mmとコンパクト。それでいて、最大積載量306kgを実現。荷物スペースの広さは、後席を起こした通常時が、951リットル。後席を倒せば、最大1400リットル(いずれもVDA計測法)に拡大する。

EVパワートレインは、e-up!と共通。モーターが最大出力82ps、最大トルク21.4kgmを発生。二次電池は、蓄電容量18.7kWhのリチウムイオンバッテリーだ。動力性能は、0-100km/h加速12.4秒、最高速130km/h(リミッター作動)。1回の充電で最大160km走行可能。急速チャージャーを使えば、80%のバッテリー容量を30分で充電できる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集