【アルパイン EX009V】地図も映像も9型の迫力、「ビッグX EXシリーズ」最新モデル[写真蔵]

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
インパネとの一体感は車種専用ナビならではのメリットだ
  • インパネとの一体感は車種専用ナビならではのメリットだ
  • 起動画面
  • リア独立DVD再生機能。プラズマクラスターもナビ上から操作できる
  • リア独立DVD再生機能
  • アルパイン ビッグXシリーズ EX009V
  • アルパイン ビッグXシリーズ EX009V
  • アルパイン ビッグXシリーズ EX009V
  • アルパイン ビッグXシリーズ EX009V
アルパインは2013年の夏モデルとして、新たに車種専用の9型&8型AVナビゲーション「ビッグXシリーズ」を発表した。

大画面の9型ディスプレイは、優れた発色と輝度を実現した新開発の「スーパークリアパネル」を採用。地図表示は、最新の描画技術を採用することにより立体感とリアルな陰影を表現する「スーパークリアマップ」だ。

目的地検索では、大手の飲食・コンビニなどのチェーン店をあらかじめ最大8つまで設定しておくことで、ナビ地図表示時に「周辺」からワンタッチでお気に入りの施設を探し出せる「お気に入り周辺検索」を追加された。

さらに、後席用モニター「REARVISION(リアビジョン)」 との連携機能向上も図られ、前席(フロントスピーカー&フロントモニター)で音楽再生を、後席(リアスピーカー&リアモニター)ではDVDビデオの再生というように、前後2系統で別ソースの再生が行える 「リア独立DVD再生」を実現した。

対応車種を大幅に拡大したこともトピック。9型は、トヨタ『プリウスα』『プリウス』『エスティマ』、ホンダ『ステップワゴンスパーダ』の各専用モデルにも搭載し、さらに8型画面を搭載した日産『セレナ』、トヨタ『アクア』向けの専用モデルをラインアップ。ハイブリッド車にも対応し合計で14車種の新たなモデルを揃えている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 【アルパイン EX009V 登場】フィット感アップ、検索機能とエンタメ機能改善の全方位進化 画像 【アルパイン EX009V 登場】フィット感アップ、検索機能とエンタメ機能改善の全方位進化
  • 【アルパイン ビッグXシリーズ EX009V  登場】大画面ナビの先駆者が放つ車種専用9型ナビ、注目の新機能は 画像 【アルパイン ビッグXシリーズ EX009V 登場】大画面ナビの先駆者が放つ車種専用9型ナビ、注目の新機能は
  • 車重400kg、排気量1731ccのアメリカンバイク、ヴィクトリー[写真蔵] 画像 車重400kg、排気量1731ccのアメリカンバイク、ヴィクトリー[写真蔵]

特集