【鈴鹿8耐】ブリヂストンタイヤ装着チーム、8年連続優勝で記録更新

モーターサイクル 企業動向

優勝した「ハルク・プロ」の走行
  • 優勝した「ハルク・プロ」の走行
  • 表彰台
ブリヂストンは、7月28日に鈴鹿サーキットで開催された「2013FIM世界耐久選手権シリーズ第2戦コカ・コーラ・ゼロ鈴鹿8時間耐久ロードレース第36回大会」で同社がタイヤを供給するチームが優勝したと発表した。

鈴鹿8耐で「MuSASHi RTハルク・プロ高橋巧/レオン・ハスラム/マイケル・ファン・デル・マーク組」が優勝した。これでブリヂストンタイヤ装着チームの優勝は、2006年の初優勝から8年連続。大会史上、タイヤサプライヤーとして5年以上連続して優勝チームを支え続けているのはブリヂストンだけで、今回、連続優勝記録を更新した。

レースは、ブリヂストンタイヤを装着する「MuSASHi RTハルク・プロ高橋巧/レオン・ハスラム/マイケル・ファン・デル・マーク組」が3番手からスタートし、序盤にトップに立つと、その後は徐々にリードを広げながら、安定したペースで走り切り優勝をした。

また、ブリヂストンタイヤを装着する「ヨシムラスズキレーシングチーム津田拓也/ジョシュア・ブルックス/青木宣篤組」が2位表彰台を獲得した。

このほか、前日に開催された「2013鈴鹿・近畿選手権シリーズ第4戦鈴鹿4時間耐久ロードレース」では「ASTRAホンダ・レーシング・チームディマス・エッキー・プラタマ/イズワンディ・ムイス 組」がブリヂストンのタイヤ「バトラックス・レーシングR10 EVO」を装着して優勝した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集