【ホンダ アコード 新型発売】トランク容量「潔くゴルフバッグ3個で良い」

自動車 ニューモデル 新型車

ホンダ 新型アコード
  • ホンダ 新型アコード
  • 本田技術研究所 二宮亘治主任研究員
  • ホンダ 新型アコード
  • ホンダ 新型アコード
  • ホンダ 新型アコード
  • 本田技術研究所 二宮亘治主任研究員
ホンダが6月21日に発売した『アコード ハイブリッド』のトランクルームの容量はアンダーボックス込みで398リットルと、440リットル(ゴルフバッグで4個としている)の容量がある競合車『カムリハイブリッド』に対し、ゴルフバッグ1個分狭い計算になる。

アコード ハイブリッドの開発責任者を務める本田技術研究所の二宮亘治主任研究員は「積むことが出来るゴルフバッグの数は、潔く3個で良いのではないかと思っている」と言い切る。

というのも「通常、ゴルフバッグはトランクにしか入らない。そこに4個乗せられても、バッテリーがあると、他の荷物がなにも乗らなくなってしまう。それだと結局4人で、ゴルフには行けない」と解説する。

その一方で二宮氏は「アンダーボックス(17リットル)や、バッテリーの上を使えるようにしたりとか、ある程度のケアはしているので、セダンの一般的な使い方で、困るような話はないと思う。それ以上のユーティリティ、積載が必要な方は、ミニバンなどに乗って頂ければ良いのではないか。セダンとして最低限の容量は持っている」と強調した。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

特集